不妊治療は病院で行なうことができる|女性のお悩みシッカリ解決

妊婦

不妊治療の一環として

人工的に排卵させる

赤ちゃん

生理不順だったり、排卵障害がある時に使われる不妊治療として排卵誘発剤が使用されます。排卵誘発剤は薬の力を利用して排卵を促す効果があります。妊娠するためには排卵日に受精しなければなりません。生理周期が正しくて基礎体温が綺麗に二層になっている場合は排卵日を特定しやすいのですが、乱れがちですと排卵日は特定しにくくなります。ですから、自分で排卵日だと思っていても実はズレていて受精することが出来ないということもあるでしょう。排卵誘発剤を使用して人工的に排卵させれば計画的にタイミングを合わせることも出来ます。排卵誘発剤は内服するものと注射で注入するタイプがあります。医師と相談の元、計画して行う事が大切です。

治療の効果

排卵誘発剤は不妊治療の初期段階として用いれらることが多いのですが、効果はどれくらいあるのでしょうか。排卵誘発剤を使用して一定の大きさになった時に排卵促進剤を使用することがほとんどですが、大体使用してから36時間から40時間後に排卵すると言われています。ですからそのタイミングを見計らって性行為をすれば受精の可能性が高くなります。一般不妊治療として用いられることが多いはいらん排卵誘発剤ですが、副作用が生じるケースもありますので注意しましょう。頭痛や吐き気などが起こる時もありますし、多胎妊娠の可能性が高くなりますので、双子や三つ子を授かるケースも増えてきます。医師の説明を受けて理解してから治療に入りましょう。

Copyright©2015 不妊治療は病院で行なうことができる|女性のお悩みシッカリ解決 All Rights Reserved.